FC岐阜・パウロン選手のプレースタイル解説!ポジション特徴を評価

パウロン選手(ルイス・パウロ・ダ・シルバ)

 

出典:選手名鑑

 

基本プロフィール

生年月日

1989年12月4日(31歳)

出身地

ブラジル

身長

192㎝

体重

85㎏

所属チーム来歴

2009年     ローマ・エスポルチ・アプカラナ

2009年     アソシアソン・エスポルチーヴァ・レクレアチーヴァ・エンジェニェイロ・ベウトロン

2010年~2011年 ローマ・エスポルチ・アプカラナ

2011年     FCカスカヴェウ

2012年     ローマ・エスポルチ・アプカラナ

2013年~2015年 コンサドーレ札幌(レンタル移籍)

2016年     福島ユナイテッドFC

2017年     水戸ホーリーホック

2018年     栃木SC

2019年~2020年 アルビレックス新潟

2021年     FC岐阜

ポジション

CB

利き足

右足

 

特徴・長所

192㎝という高身長強靭なフィジカルスピードを兼ね備えたセンターバックです。

高身長と当たり負けしないフィジカルで空中戦は無敵でほとんど競り勝ってしまって弾き返すので、試合を見ていてパウロン選手のところにロングボールが入れられても安心さえしてしまうほどです。

その空中戦の強さはディフェンスの時だけでなく自チームのセットプレーのチャンスとなればゴール前まで上がり活かされて、競り勝ってゴールまでするシーンも珍しくありません。

高身長なのにスピードもあるので足の速い選手に裏を取られても追いつけるほどで、危機的な状況を何度も救ってくれます。

足元の技術も結構あって安定したパス回しをすることが出来て、攻撃の起点になるような縦パスも入れることが出来ます。

 

欠点・短所

日本に来てからも日本国内でレンタル移籍や完全移籍を何度かやってますがどのチームでもレギュラーになれそうになるのですが、怪我が多くて欠場がかさんで出場試合数は少ないです。

試合を通して集中力が欠ける場面多く見られて、ポジショニングが悪いことが多々あります。

ディフェンスラインからはみ出て後ろで一人残ってしまってオフサイド取り切れず裏を取られたり、マークしている選手から離してしまい好きなようにプレーされることもあります。

 

評価

日本でのプレーも長いので日本のサッカーもしっかり知っているので試合にさえ出られれば戦力になれることは間違いないです。

ポジショニングの悪さなどで危ない場面を作ることもありますが、コンスタントに試合さえ出ればそれも少なくなっていく思います。

なので、怪我をせずに年間を通して試合を出場してどこまでやれるのかその姿を見てみたいです。

 

twitter(ツイッター)

なし

 

instagram(インスタグラム)

なし

 

blog(ブログ)

なし

 

wikipedia(ウィキペディア)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%91%E3%82%A6%E3%83%AD%E3%83%BB%E3%83%80%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%83%90