ベガルタ仙台・佐々木匠選手のプレースタイル解説!ポジション特徴を評価

佐々木 匠選手(ささき たくみ)

 

出典:選手名鑑

 

基本プロフィール

生年月日

1998年3月30日(23歳)

出身地

宮城県仙台市

身長

166㎝

体重

59㎏

所属チーム来歴

2010年~2012年 ベガルタ仙台ジュニアユース

2013年~2015年 ベガルタ仙台ユース

2016年~2017年 ベガルタ仙台

2017年     徳島ヴォルティス(レンタル移籍)

2018年     カマタマーレ讃岐(レンタル移籍)

2019年     レノファ山口FC(レンタル移籍)

2020年     ベガルタ仙台

ポジション

OMF 左SH 右SH CF

利き足

右足

 

特徴・長所

トップ下やサイドハーフ、センターフォワードなど攻撃的なポジションはどこでもこなせるテクニックに長けたテクニシャンです。

特筆すべき点はアシスト数の多さで2018年シーズンは得点力不足で降格したカマタマーレ讃岐に在籍していましたがその中でも9アシストもの記録しました。

そのゴールアシストの多さの一因にはキック精度の高さがあり、クロスやプレースキックから味方へピンポイントに合わせるボールを出すことが出来ます。

足元の技術がしっかりしていてボールタッチが柔らかく、トラップミスなどしないのでボールをなかなか失いません。

広い範囲を把握できる視野の広さを持っていて、時には予想だにしないパスやドリブルなどのプレーでサポーターを魅了します。

 

欠点・短所

まだまだJリーグでやるにはフィジカル面はまだまだレベルに達してないところがあって、相手ディフェンスと体がぶつかり合う場面では簡単に負けてしまう事も少なくありません。

ドリブルがうまく1タッチ目がうまくシュートまでいくことはあるのですが、なかなか得点にはつながらなくまだまだ決定力が足りません。

 

評価

ベガルタ仙台史上最年少でベンチ入りを果たした実力は本物でレンタル移籍で行ったJ2カマタマーレ讃岐では中心選手として活躍しました。

東京五輪世代でもあるので東京五輪での活躍も期待されていますが、ここ数年ではなかなか召集されていません。

このままJリーグの舞台で試合に出続けて成長して活躍する姿を見せて行けばまだまだオリンピックでの活躍できる可能性はまだまだあります。

個人的には短所に挙げたフィジカルと決定力を向上させればJ1の舞台でも通用するパフォーマンスを出せるはずと思っています。

 

プレー動画

 

twitter(ツイッター)

 

instagram(インスタグラム)

https://www.instagram.com/takumi19980330/

 

blog(ブログ)

なし

 

wikipedia(ウィキペディア)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E3%80%85%E6%9C%A8%E5%8C%A0

 

 

ご意見などあればコメントください。