横浜F・マリノス・和田拓也選手のプレースタイル解説!ポジション特徴を評価

和田 拓也選手(わだ たくや)

 

出典:選手名鑑

 

基本プロフィール

生年月日

1990年7月28日(31歳)

出身地

神奈川県

身長

170cm

体重

63kg

所属チーム来歴

2003年~2005年 東京ヴェルディジュニアユース

2006年~2008年 東京ヴェルディユース

2009年~2012年 東京ヴェルディ

2013年~2013年8月 大宮アルディージャ

2013年8月~2019年3月 サンフレッチェ広島

2019年3月~   横浜F・マリノス

ポジション

右SB 左SB DMF

利き足

右足

 

特徴・長所

知的なプレーが出来るやサッカーIQが高いなどの評価をよく受けていて、攻守にわたって効果的なプレーをすることが出来る選手です。

オフェンスの時でもディフェンスの時でもポジショニングが素晴らしく、いてほしい時にいてくれてチームを助けてくれます。

サイドバックなら右でも左でもどちらでも変わらずクオリティの高いプレー出来て、またボランチでもプレーが出来て高いユーティリティー性を持っています。

足元の技術が高くトラップやパスでのミスが少なく、どのポジションでも安定したパス回しでビルドアップを行います。

対人守備もうまくしっかりとプレスをかけて相手を自由にプレーさせず、ボール奪取する回数も多々あります。

 

欠点・短所

170㎝とサッカー選手としては身長が低いということもあり空中戦は強くなく、空中戦になってしまうと競り負けてしまう事が多いです。

サイドバックやサイドハーフの多くの選手が得意としている個人で突破するや個人で打開するというドリブルのプレーは得意としていません。

 

評価

2017年シーズンは残留争いをしていたサンフレッチェ広島を2018年シーズンには2位にへと飛躍させた中心的な存在の一人でした。

対人守備の強さとパス回しの巧さでチーム全体としても安定したチームとなり失点がとても少なくなりました。

2019年シーズンに移籍した横浜F・マリノスではもともといた山中亮輔選手が偽サイドバックとして中央でもプレーが出来る選手でしたが、ボランチのできる和田選手もその役割を十分にこなせる技術を持っています。

 

twitter(ツイッター)

 

instagram(インスタグラム)

https://www.instagram.com/takuyawada33/

 

blog(ブログ)

なし

 

wikipedia(ウィキペディア)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%92%8C%E7%94%B0%E6%8B%93%E4%B9%9F_(%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E9%81%B8%E6%89%8B)