鹿島アントラーズ・小泉慶選手のプレースタイル解説!ポジション特徴を評価

小泉 敬選手(こいずみ けい)

 

出典:選手名鑑

 

基本プロフィール

生年月日

1995年4月19日(26歳)

出身地

東京都足立区

身長

173㎝

体重

70㎏

所属チーム来歴

2008年~2010年 横浜F・マリノスジュニアユース

2011年~2013年 流通経済大学付属柏高等学校

2014年~2017年 アルビレックス新潟

2018年~2019年 柏レイソル

2019年7月~    鹿島アントラーズ

ポジション

DMF 右SB

利き足

右足

 

特徴・長所

流通経済大学付属柏高校を卒業してアルビレックス新潟に入団したボランチが主戦場の選手です。

ボランチがメインですがサイドバックなどでも起用されることのあるユーティリティー性もあります。

相手チームが中盤でボールを回す時には、絶えずプレッシャーをかけ続けるための豊富な運動量を持っていてサボらず走り続けます。

ディフェンスの時にはプレッシャーをかけるだけじゃなくボールを取り切ることが出来るボール奪取力に長けて、中盤で奪えればカウンターチャンスにもなります。

頻度はそこまで多くはありませんが、前を向いてボールをもらえればサイドや中盤で前に運ぶドリブルをする事プレーもあります。

 

欠点・短所

 

細かくボールを動かすのが苦手でディフェンスラインから後ろ向きでボールを受けても反転して前を向くことが出来ず、結局ディフェンスラインにボールを戻すだけというプレーが多いです。

中盤で前を向いてボールをもらっても、攻撃の起点となるような前線へのパスやサイドに展開するようなパスはあまりありません。

 

評価

高卒ルーキーで新潟アルビレックスに入団して入団1年目から多くの試合に出場をして、J1を舞台に多くの出場数があります。

ボランチでのつぶし屋としてのディフェンス能力は高く相手の中盤をつぶすことが出来ますが、オフェンス面は物足りないものがあります。

現代サッカーではどのポジションでも多くのタスクをこなさないといけないので、守備でだけなく攻撃のタスクもこなせるようになるのは不動のレギュラーとなるには必須です。

 

プレー動画

 

twitter(ツイッター)

 

instagram(インスタグラム)

https://www.instagram.com/k.koizumi37/

 

blog(ブログ)

なし

 

wikipedia(ウィキペディア)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%B3%89%E6%85%B6

 

 

ご意見、情報提供などあればコメントください。